禁煙外来についてSMOKE

禁煙外来について

決意はしても
「思わず出る手」にSTOPを!

当クリニックでは、禁煙治療を保険診療で行っております。
禁煙(卒煙)は、喫煙している方なら誰もが一度はふと考え、チャレンジしようとこころみるはずです。ところが、成功までの道のりには、さまざまな誘惑やシチュエーションがあり、ご自身の力だけではむずかしい場合がたくさんあります。
当クリニックで行う「禁煙治療」では、喫煙と禁煙に関する説明を行い、禁煙(卒煙)を無理なくできるようにお手伝いします。
使用する薬剤は、ヘビースモーカーの大物俳優を禁煙に導いた内服薬(チャンピックス)か、昔から使用されている定番の貼付薬(ニコチネルTTS)。いずれかを選んでいただくため、両剤の併用はできません。

喫煙のデメリット

喫煙は体に悪いということは、皆さまは耳が痛いほどお聞きになってきたことだと思います。
肺がんや脳卒中などのリスクは広く知られていますが、そのほかにもたくさんの病気のリスクを上げてしまうことはご存知でしょうか?
もう一度、喫煙のデメリットをよく知って、正しい知識を身につけましょう。

タバコの三大有害物質

4,000種類以上もの化学物質が含まれ、
そのうち約60種が発がん性物質といわれるタバコの煙。
中でも有名なニコチン、タール、一酸化炭素についてご紹介します

ニコチン

依存を引き起こす原因物質で、喫煙により、肺から速やかに吸収され全身に広がります。間接的には血管が収縮する作用があり、代謝物は発ガン性も認められています。

タール

フィルターに茶色く付着するべっとりしたもの。発ガン性物質としてよく知られているベンツピレンをはじめ、アミン類といった数10種類の発ガン性物質が含まれています。

一酸化炭素

酸素の180~200倍の結合能力でヘモグロビンと結合。そうすることによって、血液の酸素運搬機能が阻害されて低下してしまい、組織の酸素欠乏を引き起こします。

タバコと病気

喫煙は、肺ガンをはじめとする多くのガンを引き起こすことはご存知の通り。
タバコの有害物質は、肺から急速に血液中に移行して全身に広がっていきます。
そのため、呼吸器疾患だけでなく、脳卒中、心筋梗塞、慢性気管支炎、歯周病、胃潰瘍、肌の老化までもが喫煙に関連する病気であることがわかっています。

タバコが深くかかわる病気
  • うつ病
  • ED
  • 心筋梗塞
  • 妊娠・出産への悪影響
  • ストレス
  • バセドウ病
  • ぜんそく
  • 乳幼児突然死症候群
  • 動脈硬化
  • 胃潰瘍
  • がん
  • メタボリックシンドローム
  • 高血圧
  • 骨粗しょう症
  • COPD
  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • 肺炎

診療のご案内

「わたなべクリニック」では、一定の条件を満たす方は禁煙治療の保険が適用されます。

健康保険等が適用される条件
  • 1.ニコチン依存症を診断するテストで5点以上(簡単なチェック表にご記入して頂きます。)
  • 2.1日の喫煙本数×喫煙年数(ブリンクマン指数)が200以上(35歳以上の方限定の対象項目となります。)
  • 3.禁煙治療を受けることに文書で同意している(問診票などに、日付や自分の氏名を書きます)
  • 4.前回の治療の初回診療日から1年経過していること(過去に健康保険等で禁煙治療を受けたことのある方の場合、前回の治療の初回診察日から1年経過しないうちは、自由診療となります。なお、最終的なニコチン依存症の診断は医師が行います
※34歳までの方は2の項目に該当しない場合でも1.3.4の条件に該当していれば保険適用となります。
※上記条件を満たさない場合は自由診療で禁煙治療の受診が可能です。

当院の禁煙補助薬

チャンピックス(内服薬)

主な効果はふたつ。まずはタバコを吸うときに脳内で生産されるドーパミン(快感を生む物質)を少しだけ放出してニコチン切れの症状を軽くします。
もうひとつは、タバコを吸っても、おいしいなどの満足感が得られにくくなる効果。飲み始めの1週間はタバコを吸ってもよいため、“気持ちよくならない”、“おいしくない”ことを、より実感いただけるはずです。
そして薬の量を徐々に増やしながら、計12週間の服用後、完全な禁煙を私たちと一緒に目ざしていきます。

※吐き気やめまい、便秘などの副作用が現れた場合は必ず当院にご相談ください。
※途中で禁煙できたと考えて服用をやめず、最後まで服用を続けてください。
ニコチネルTTS(貼り薬)

せっかくの禁煙の決意も、ストレスでタバコが吸いたくなったり、どうしてもイライラしてしまったりで、うまくいかないことも多いはず。
ニコチネルTTSは、皮膚に貼ることでニコチンが体内に吸収されるように設計されています。ニコチンを一時的に補充して、ニコチン切れの症状を軽減します。
ただし、貼るだけで禁煙できる”魔法の薬”ではありません。ニコチネルTTSを使用している間に生活習慣を変えるようにして、禁煙を確実なものにすることが大切です。

治療費負担の目安(3割負担の場合)

  • ・内服薬(チャンピックス)の場合、約18,000円~20,000円程度が必要となります。
  • ・貼付薬(ニコチネルTTS)の場合、約12,000円が必要となります。
※合計5回の診察代、ニコチン製剤代、処方代などがすべて含まれた金額です。
どちらの場合も初回(初診時)の診察代金は、3,000円~3,500円程度となります。
禁煙(卒煙)治療をご希望の患者様は、当クリニックの受付スタッフ または院長へ、お気軽にご相談下さい。
タバコ代と禁煙治療費の比較
タバコ代と禁煙治療費の比較
保険治療による自己負担額

処方される薬にもよりますが8~12週間で上記の通り12,000円~20,000円程度です。
1日1箱喫煙する方なら、8~12週間分のタバコ代より保険診療で禁煙治療を受けた場合の自己負担額のほうが安くなる計算になります。

禁煙のコツ

禁煙には、「1本くらいいいか」、「飲み会の席だし」、「イライラしたから」など、いろいろな誘惑がつきものです。
でも、せっかくタバコをやめると決意した気持ちや頑張りが、その一瞬でくずれてしまうのはもったいないですよね。
ここでは、タバコに手が出そうになったときに役立つ、禁煙のコツをご紹介します。

  • パターン化している喫煙シーンをチェンジ
    パターン化している喫煙シーンをチェンジ

    朝一番の行動を変えてみたり、コーヒーをあまり飲まないようにしたり、食後すぐに席をたったりと、喫煙に結びつくシーンを変えてみましょう。過労や夜更かしをさけることも有効とされています。

  • 喫煙のきっかけになる環境を改善
    喫煙のきっかけになる環境を改善

    タバコやライターなどの喫煙具を処分するのはもちろん、居酒屋やパチンコ店などタバコの煙が多い場所に近づかない、まわりに禁煙宣言をするなど、環境を改善してみるのも一つの方法です。

  • タバコを吸う代わりになるような行動を
    タバコを吸う代わりになるような行動を

    タバコが吸いたくなったら、大きく深呼吸したり、カロリーの低いガムを噛んだり、喫煙の代わりになる行動をとってみましょう。手のひらや耳のツボを押してみるなど、軽い痛みや刺激も効果的です。

  • 「1本だけなら…」の誘惑を跳ね除ける
    「1本だけなら…」の誘惑を跳ね除ける

    禁煙9~10週目に注意したいのが、「1本くらいなら吸ったってだいじょうぶ」という根拠があまりない自信。しかし、多くの方が1本だけではおさまらず、喫煙者に逆戻りしてしまいます。グッと我慢して、これまでの努力や禁煙の効果を思い出して、誘惑をはねのけましょう!

禁煙のメリット

タバコをやめることで、体が健康になるということはよく知られています。
ご紹介する具体的なメリットをご覧いただいたうえで、未来を思い描いてみてください。
きっと、さわやかな空気に包まれているような気分になるはずです。

ご本人のメリット
  • 咳や痰が止まった、呼吸が楽になった
  • 口臭がしなくなった
  • 味覚、嗅覚が鋭敏になり、ご飯がおいしく感じるようになった
  • 肌の調子が良くなった
  • 肩こりがなくなった
  • カラオケで声がよく出るようになった
  • 目覚めが爽やかになった
ご家族のメリット
受動喫煙による下記のリスクを
減らすことが出来ます。
おとなの場合
  • 脳卒中
  • 肺がん
  • 慢性閉塞性肺疾患や肺気腫などの既にある呼吸器疾患の悪化
  • 喘息の誘発と悪化
  • 動脈の損傷、脆弱化、血栓
  • 心筋梗塞、狭心症
  • 低出生体重児また妊娠期間に比して小さい胎児、早産
子どもの場合
  • 中耳炎(慢性中耳炎)
  • 呼吸器感染症(気管支炎、肺炎)
  • 喘息の誘発と悪化
  • 慢性の呼吸器症状(喘息、咳、息切れ)
  • 肺機能の低下
  • ヘモグロビン、冠動脈への悪影響
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)
pagetop